勝率アップ!? ブラックジャックのベーシックストラテジー(基本戦略)を自由自在に活用しちゃいましょう♪

ベラジョンのブラックジャックは、もうプレイしました?

ライブカジノでのディーラーとやり取りができる臨場感や、自分のカードが配られる緊張感がたまらないですよね♪

毎日のようにブラックジャックで遊んでくれる常連プレイヤーさんも、ブラックジャックのルールを覚えたばかりというビギナープレイヤーさんも、ぜひ注目してもらいたい戦略があります。

その名も「ベーシックストラテジー」。

これは「基本戦略」という意味で、ブラックジャックのカンニングペーパー的な戦略です。

ブラックジャックをプレイする上で、どのアクションを選べば勝てる確率が高いのかが、一目でわかっちゃう一覧表なのです。

そして、このベーシックストラテジーは、オンラインカジノでブラックジャックをプレイするには相性抜群♪

なぜなら、オンラインカジノでは、まわりにせかされず、ベーシックストラテジーの一覧表をじっくりチェックしながら、自分のペースでプレイができちゃうからです。

ベラジョン公式が自ら、こんなことを教えちゃってもいいものでしょうか…。

日本だけでなく世界中で多くの方がこの戦略使ってブラックジャックをプレイしているんですよ!

詳しく読んで、ぜひ試してみてくださいね。

ブラックジャックのベーシックストラテジーの見つけ方

キーワードは「ブラックジャック」「ベーシックストラテジー」「基本戦略」など。

インターネットでこれらのキーワードを入力して検索すると、たくさんのベーシックストラテジーの表がでてきますよ。

自分が取り入れやすい表を参考にしましょう。

ベーシックストラテジーの3つのカテゴリー

ベーシックストラテジーの表には3つのカテゴリ―があります。

ブラックジャックのゲームで、最初にプレイヤーに配られた2枚のアップカード(表向きのカード)を見て、どのカテゴリーに当てはまるのか、が決まります。

  • ★ハードトータル戦略★「A」を「1」としてカウントした場合
    ※ブラックジャックでは「A」は「1」か「11」、どちらでもカウントすることができます。
    「A」のカードがない時は、ハードタートル戦略の表で確認してくださいね。
  • ★ソフトトータル戦略★「A」を「11」としてカウントした場合
  • ★スプリットの戦略★2枚のアップカードの数が同じ場合

ブラックジャックのベーシックストラテジーの使い方

ベーシックストラテジーの3つのカテゴリーの中から、どの表を使うか確認できたら、次のステップに進みましょう♪

引き続き、最初にカードが配られた状態で説明します。

プレイヤーのアップカード2枚、ディーラーのアップカード1枚と裏向きのカード1枚があります。

合計3枚のアップカードの情報から、どんなアクションをとるべきか、ベーシックストラテジーに基づいて選択しましょう。

ベーシックストラテジーの表で、プレイヤーの2枚のアップカードの合計数字と、ディーラーの1枚のアップカード数値が交差するところを見てください。

ここに、プレイヤーがとるべきアクションの指示がズバリでちゃってますので、次のアクションはそれに従うだけ!

ちなみにブラックジャックのアクションは主に5つです。

  • ★ヒット★もう1枚カードを配ってもらう
  • ★スタンド★これ以上カードを受け取らない、つまり、今ある手元のカードのみで勝負
  • ★スプリット★プレイヤーのアップカードの数字が2枚とも同じだった場合は2口に分けて、それぞれ独立させてプレイすることもできる
  • ★ダブルダウン★最初の賭け金と同額の賭け金を追加する
    ※つまり、プレイヤーが強い合計数字で、ディーラーが弱いカードの場合
  • ★サレンダー★降参。賭け金の半額を払ってゲームを降り

ベーシックストラテジーを使ってみましょう!

それでは、アップカードの例を見ながら、ベーシックストラテジーの表と照らし合わせてみましょう。

——————————————–

例)

プレイヤーのアップカードが「Q」と「4」

ディーラーのアップカードが「8」

--------------------------------------------

このケースでは「A」がないので、見るべき表は「ハードトータル戦略」の表です。

そして、プレイヤーの2枚のアップカードの合計値は「14」になります。

※ブラックジャックでは「J」「Q」「K」は10と数えます。

ベーシックストラテジーの表を見ると、プレイヤーの「14」とディーラーの「8」が交差するところは、「H(ヒット)」とありますね。

つまり、この場合は「ヒット」を選び、もう1枚カードを配ってもらうのが、理論上は一番勝てる確率が高いということになるのです。

ベーシックストラテジーの使い方はと~っても簡単です♪

ブラックジャックの戦略の立て方

ブラックジャックビギナーのみなさまは、ベーシックストラテジーの表を見ていると「あれ? ここでスタンド? 」と思うこと、ありませんか?

例えばプレイヤーの合計数値が「12」の時も、ディーラーのアップカード次第ではスタンドになっているところがあります。

ブラックジャックは「21」が最強の数字。

「12」くらいなら、ヒットで攻めたい、できるだけ「21」に近づけたい、という気持ちになるかもしれません。

そんな時は下記の戦略も頭の片隅に入れておいてください!

\ 10とカウントするカードが多い! / ブラックジャックのルールでは「10」とカウントするカードが、4種類もあるということです。

「10」はもちろん、「J」「Q」「K」もすべて「10」とカウントします。

つまり、「10」のカードの出現する確率がとても多いのです。

なぜこれが重要かというと、プレイヤーのカードの合計値が「12」以上の場合、「10」を足すと「22」以上、つまり、バースト(「22」以上になる)の確率が0から一気に上がってしまうのです!

その一方で、プレイヤーのカードの合計値が「11」の場合は、とても強い合計値になります。

「10」のカウントが多いということは、ヒットを選ぶと「21」になる可能性が高い、つまり、ブラックジャックにグッと接近できちゃうのです♪

\ ディーラーがバーストする可能性も考える/ 「21にできるだけ近づける」だけでなく「ディーラーに負けない」という考え方も大事な戦略のひとつ。

つまり、ディーラーがバーストする可能性も頭に入れておきましょうね。

というのも、ブラックジャックでは、ディーラーは自分のカードの数が「16」以下の場合は必ずヒット(カード追加) しなくちゃいけないというルールがあります。

「16」でヒットしたら、「6」以上全てののカードはすべてバースト。

つまり、確率的には13枚中8枚はバースト、が予想されます。

ディ ーラーのアップカードを見て、裏向きのカードと合計値を予測していきましょう。

\ プレイヤーがバーストしたら即負け! / そして、もう一つ大事なのは、プレイヤーがバーストしたら、その時点で負けが確定するということです。

最終的にディーラーもバーストになったとしても、引き分けにはなりません。

スタンドを選ぶというのは、自分がバーストする可能性をゼロにすることになります。

この3つの考え方を知っておくと、ベーシックストラテジーの表が示すアクションが「なるほどね~」と思えちゃいますね。

「10」がでる可能性、ディーラーがバーストする可能性、プレイヤーがバーストする可能性を、天秤にかけていきましょう!

ベーシックストラテジーとは仲良くなれそうでしょうか?

表の見方、そして、その戦略の理由もとっても簡単なので、すぐにマスターできます。

ブラックジャックビギナーさんは、ベーシックストラテジーの表だけでなく、ルールもあわせてじっくり確認していきたいですよね。

その場合は、ベラジョンのビデオゲームのブラックジャックが最適です。

ビデオゲームスタイルなら、カードが配られた後、ベーシックストラテジーを確認している間に余計な邪魔などなしに自分のペースでアクションが選択できます。

ビデオゲームのブラックジャックに慣れてきたら、ベラジョンのライブカジノにも遊びにいってみましょー!

ライブで本物のディーラーと直接対決でもパソコンやスマホの隣にベーシックストラテジーの表を堂々と開いて、チェックしながらプレイができちゃいます。

もしかして、ディーラーからベテランだと思われるかも!? ベーシックストラテジーは表の通りにプレイすればするほど、理論上の数値に近づいていくといわれています。

ですが、あくまでも確率論ということをどうぞお忘れなく!

残念ながら、表の通りにプレイしたら必ず勝てるというわけではありません。

果たして、オンラインスロットの神様は、ベーシックストラテジーにほほえむか、プレイヤーさまの直感にほほえむか。

お好きな戦略で、ブラックジャックを満喫しちゃいましょう!

ベラジョンはブラックジャックのゲームをたくさん用意してみなさまをお待ちしています!!

その日の気分で、お好きなテーブルを見つけてくださいね♪

ビデオブラックジャックはこちら

ライブブラックジャックはこちら

ホームに戻る